お問い合わせはこちらから電話:088-880-0533

高知県高知市北久保2-39

高知初の下肢静脈瘤・リンパ浮腫の専門クリニック

高知 下肢静脈瘤 静脈瘤 リンパ浮腫 痔 レーザー治療 日帰り手術

下肢静脈瘤とは?

10,915件
(2006年9月~2017年10月)
手術内訳はコチラ >>

下肢静脈瘤治療実績

みなさんに役立つデイクリニック・リサーチ

Mobile Site
トップページ»  下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤について

もともと多くの方が悩んでいる、足にできる静脈のコブ(瘤)=下肢静脈瘤。細く赤っぽいものから青い色のボコボコにふくれたものまでいろいろなものがあります。

確かに、中年以降の女性に多いが、実は妊娠・出産後の若い女性や立ち仕事をする男性にも多くみられます。

本疾患はひどくなると、足がむくんだり、おもだるくなったりするばかりでなく、最悪の場合、湿疹や色素沈着、足の潰瘍といった皮膚病を併発し、ぬり薬ではなかなか治らなくなります。

また、最近の研究では、この病気が足の静脈血栓(血の固まり)が肺の血管につまる病気「肺塞栓症」(別名:エコノミークラス症候群)のきっかけになることが分かってきました。

また、この肺塞栓症は何かの手術を受ける時や地震の被災者にも起こることが、最近よくマスコミにも取り上げられるようになったことから、静脈の病気に対する一般の方の関心も高まってきています。

ページトップへ戻る