お問い合わせはこちらから電話:088-880-0533

高知県高知市北久保2-39

高知初の下肢静脈瘤・リンパ浮腫の専門クリニック

高知 下肢静脈瘤 静脈瘤 リンパ浮腫 痔 レーザー治療 日帰り手術

下肢静脈瘤はどう治療する?

10,915件
(2006年9月~2017年10月)
手術内訳はコチラ >>

下肢静脈瘤治療実績

みなさんに役立つデイクリニック・リサーチ

Mobile Site
トップページ»  下肢静脈瘤はどう治療する?

下肢静脈瘤の治療法について

弾性ストッキング処方 ~ 症状の軽い方

症状の軽い方は、適切な弾性ストッキングを処方し即日購入できるので、すぐ治療開始します。
はき方は弾性ストッキングコンダクター資格を持つ看護師が懇切丁寧に教えます。
装着後のフォローも院長自ら十分行います。

日帰り手術 ~ 症状が少し進んでいる方

日帰り手術 ~ 症状が少し進んでいる方

手術はすべて日帰りで受けられるます(デイ・サージェリーといいます)。しかも、クリニックに来て帰るまで2~3時間で、すぐに歩いて帰れるようにしています。

これを可能にしているのが、エコーガイド下TLA麻酔法(低濃度大量浸潤麻酔法)です。
これは、治療の際に超音波画像を見ながら的確に局所麻酔を行うものです。治療後約10時間効果が持続するため術後の痛みがほとんどなく、治療当日からでも仕事復帰ができるので忙しい方や仕事を休めない方でも治療を受けられます。

また、シャワーや運動は翌日から可能で、毎日創の消毒も必要がありません。
保険が使えて入院しないので治療費負担が少ないことも利点です。

血管内レーザー治療 ~ 症状が少し進んでいる方

血管内レーザー治療1

手術がこわい方には、切開せずに治せる最新治療「血管内レーザー治療」も選択できます。

この方法は、小さな穴から挿入した細いレーザーファイバーで静脈を縮めて「血液の糊(のり)」で閉ざしてしまうという画期的なものです。

この治療の場合は傷が必要ないので、美容的にも優れた方法です。
現在は保険外診療ですが、傷をつけたくない方にとっては朗報です。

血管内レーザー治療2血管内レーザー治療3血管内レーザー治療4

ページトップへ戻る